株式会社アイ・シー・エス

画像認識ソリューション

AI・物体認識

学習はクラウド・推論はクラウドまたはエッジのハイブリッドに対応、またマルチプラットフォームで使え、様々な場所や用途への適応を視野に入れた 「活用できる」 画像認識技術の研究を進めております。

資料ダウンロードへ
技術紹介の項目
はじめに

新技術研究
画像認識ソリューションのご紹介

私たちアイ・シー・エスでは、積極的に新技術研究に取り組んでおります。
今後、「画像認識ソリューション」としてAI・物体認識の技術を製品・サービスに反映し、お客様に新しい価値を提供するべく、取り組みを進めてまいります。また、まだまだ研究段階の技術ですので、内容の度重なる変更や急な方向転換の可能性もございますが、私たちの取り組みの一環として参考にしていただければ幸いです。

「AI・物体認識」 …とは?

「AI」 は、人間の知的能力をコンピュータで再現する人工知能と呼ばれる技術・分野のことです。
「物体認識」 は、特に動画像中から任意の物体の位置・種類 ( カテゴリー ) 等の属性を認識する技術のことを指します。

研究技術の紹介

ハイブリッドAI対応

  • クラウド
  • エッジ
  • ハイブリッド

「学習」 はクラウドで、「推論(AI実行)」 はクラウドまたはエッジのハイブリッド対応。場所や用途に応じて選択できます。

マルチプラットフォーム

  • Windows
  • Linux

エッジ側アプリはWindowsだけでなく、AI推論に特化したGPUコントローラー ( Linux ) にも対応できます。 ※要相談

「AI・物体認識」を “実用化” するにあたって、重要だと考えたのが 「シーン・場所によって使い分けられること」 です。
現場でAIを活用しようとすると、求められることは大きく 「精度重視」「速度重視」 「両方重視」の3つパターンに分かれます。また、環境によってネットワークのあり・なしも大きく影響します。まず、私たちはこれらをクリアし、実用化・製品反映できるよう技術研究に取り組んでいます。

利用想定シーン
アプリケーション機能

深度カメラで 「認識 × 距離

物体の 「種類」 「位置」 「距離」 を認識するアプリとして様々なシーンに活用できます。また、ワンインプットであらゆる情報の取得・学習ができるためセンサ等の外部装置に関するコスト削減も期待されます。
※ 「距離」はカメラからの距離を指します

研究技術の特長
1. シーンに合った動作環境を選べる

「学習」 はクラウドで、「推論」 ( AI実行 ) はクラウドまたはエッジのハイブリッド対応
用途や場所に応じて選択できます

2. 専用画像の学習で検出精度向上

目的に応じた専用画像を学習させる事で検出精度の向上が実現できます
※ 学習データのラベリングなど実施方法は要相談

3. AI推論特化のGPUに対応

エッジ側アプリはWindowsだけでなくAI推論に特化したGPUコントローラー ( Linux ) にも対応可能
※要相談

Contact

お問い合わせ

何でもお気軽にご相談ください

お客様の設備規模から費用に合わせた最適なソリューションをご案内します

電話でお問い合わせ
0596-36-1155 営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:30
※土日・祝日除く
フォームでお問い合わせ
こちらのメールフォームから
お気軽にお問い合わせください
資料をダウンロード
各製品のカタログをご希望の方は
こちらからダウンロードください
ページ最上部へ