製品紹介

Useful Toolsシリーズ

PCシリアル通信シミュレータ

PC内に仮想のシリアルポートを生成し、ポートを複数必要とするようなアプリケーションの動作環境・テスト環境を容易に作成することができます。

PCシリアル通信シミュレータの概要

PCシリアル通信シミュレータとは、PC内に仮想のシリアルポートを生成するソフトです。
生成されたシリアルポートは、対になっており、互いにクロスケーブルで接続した状態になります。
また、複数の対になったシリアルポートを生成でき、シリアルポートを複数必要とするようなアプリケーションの動作環境・テスト環境を容易に作成することができます。

PCシリアル通信シミュレータは、シリアルポートドライバとしてWindowsに組み込まれます。
このため、アプリケーション側から特に意識することなく、通常のシリアルポートと同様の手順でアクセスすることができます。

従来の接続 ターゲットマシンが必要。PCシリアル通信シミュレータ接続 ターゲットマシンが不要

EtherNet擬似シリアルポート接続

標準ではシリアルポートを持たないPC(ノートPC等)におきましても手軽にシリアルポートを生成することができ、出先でのソフトウェア動作確認テストなどを、スムーズに進めることができます。

パッケージ内容

管理ツール
  • 仮想シリアルポートの設定
  • ポートの状態表示
  • 異常処理発生
ネットワーク接続ツール
  • 仮想シリアルポートの通信内容キャプチャ
  • キャプチャ内容の保存
キャプチャツール
  • イーサネットを利用して他PCの仮想シリアルポートと通信

動作環境

仕様
OS Microsoft Windows NT/2000/XP/Vista/7(32・64ビット対応)
空きメモリ容量 10MB(本ソフトの使用メモリ量)
空きHDD容量 5MB以上

価格表

スタンダード版価格
ライセンス数 1 3 10
定価 ¥20,520- ¥61,128- ¥192,456-

体験版・マニュアルダウンロード

ユーザー登録

カンパニーライセンス版についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る