製品紹介

Monitoring systemシリーズ

太陽光発電モニタリングシステム

水処理施設をはじめ、防犯システム、生産設備管理システムなどの監視/制御技術を応用

多分野で培った高い監視制御技術で太陽光発電所の運用をサポート

小型の専用コントローラーを利用した太陽光発電モニタリングシステムで、運転状況や発電量などを自動的に計測。大型ディスプレイへの表示はもちろん、スマートフォン等で遠隔地からのモニタリングも可能にします。

運転状況のモニタリング

電力量、CO2削減量、日射量、気温など、詳しい運転状況の確認が正確かつ容易に行えます。

各種カスタマイズに対応

専用コンテンツの組込をはじめ、各社パワーコンディショナへの対応など、ご要望に応じたカスタマイズが可能です。

BCP(事業継続計画)対策として

お客様でサーバーの設置・保守が不要なため、災害発生時などの緊急時においても、データの保存とサービスの維持が可能。

クラウドを使った遠隔監視

インターネットに繋がったPCやタブレット端末、スマートフォンなどで遠隔地にある複数の拠点のリモート監視を実現。さらに保存データの分析、レポート出力が可能となります。

環境貢献のPRやイメージの向上に

電力量、CO2削減量、日射量、気温など、詳しい運転状況の確認が正確かつ容易に行えます。

専用クラウドサービスを利用

インターネット回線につながったPCやタブレット端末、スマートフォン等のWEBブラウザから利用者専用サイトへアクセスするだけで閲覧できます。
構成例

主な機能

データ計測(複数メーカーのパワーコンディショナに対応)
発電状況表示(リアルタイム表示、グラフ)、運転/故障状況表示
スライドショー表示 ※拠点側ディスプレイのみ対応
クラウドサービス
  • 集中監視表示(複数拠点を1画面でリアルタイム表示)
  • 拠点別表示(リアルタイム表示、日次/月次グラフ、日次/月次レポート出力、ダウンロード)
  • 運転状況ログ表示、故障メール配信など
拠点別表示の一例

ページの先頭に戻る